マンジャ〜レ カンタ〜レ アモ〜レ
呑めよ歌えよ恋せよ♪
2011.11.10.Thu スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



| | - | - |

2009.09.14.Mon オトモダチとのデート

 こないだ、お友達とデートしました。

私はカレのことオトモダチだと思っています。
悪い人ではないんだけど、
むしろイケメンでエリートで高飛車じゃないし、
とっても優しくて素敵なカレなんだけど、
なんだか「そういう」対象になりません。

友達みたいな恋愛。
そういう恋愛をしたことのない私にとって、
カレはやっぱり「オトモダチ」。
それ以上でもそれ以下でもない。

話をしているとさすがに超あたまいいんで、
話をしてて楽しいし、
内面は男気がある素敵なヒト。

だからこそ
カレはお付き合いする気はないんやけど、
でもオトモダチではいたい。

こういうときってどうすればいいんやろう?

「お友達でいましょう。」

なんて言えないしなぁ。

う〜ん。

「私、実は男に興味なんねん」

とか言ってみようかな。
そしたらオトモダチになれるかな。



2009.08.29.Sat いいことありました

 今週、いいことがありました。

Yちゃんとお別れをしました。

ここ1ヶ月は、お互いつらいおもいをたくさんしました。
私はYちゃんに冷たくされていると悩み、
Yちゃんは仕事が大変で私のことどうしようかと悩み、
お互いおもいっきしすれ違っていました。
でもお互いおとなしく耐えたり、人に譲ったりする性格ではないので、
何をするかというと、
相手の否定しあいっこです。

私は、私が病気になったときにYちゃんが優しくしてくれないことを責めました。
「本当に冷たい人なんだね」
そんな言葉を発した私自身が冷たい人間です。
そんな言葉を曲りなりとも一度好きになった人にいった自分が嫌になりました。

その反省とともに、
もうお互い別の道をいこうと決意しました。
これ以上一緒にいるとお互い嫌な人間になってしまう。
相手のことも大嫌いになってしまう。

「オレも○○(私)も強いから合わないんだよ」
一度Yちゃんにそういわれました。
私は強いんじゃない。
弱いからこそ強くみせようとするんだよ。
ちっさい犬ほどキャンキャンほえるのと一緒。
小さいなりに可愛くしておけば、愛されるのにね。

でも今、ウソのようにすっきりしています。
続けることを考えると悩みまくってたのに、
別れると決めた瞬間本当に心が明るくなりました。
これはお互いにとって、とってもいいことなんだと思う。
それ自体はさみしいことかもしれないけれど、

「これでいいのだー」

もやもやしてたときに色んな話を聞いてくれたのは、
やっぱりマイバティたちでした。
男の溝は男でしか埋まらないけど、
彼女たちはその溝に水を流して私を運んでくれます。

私はその水がなくなると生きていけません。
友達に感謝していマス。



2009.08.22.Sat 豆鉄砲をくらったハト

 最近、Yちゃんとのことで毎日悩んでいます。
Yちゃんの仕事が忙しくなり、
ほとんど連絡もなく、こんなに変わってしまうものなんかな。
私が悪かったんかなー。
私ほんとうに必要ないんだなー。
前は本当に楽しかったのになー。
って考えると毎日涙がでてきます。

でも、もう悩むのやめようと思って。
なにも考えないようにしようと思って。

そんな中、
友達のUraくんとごはんに行きました。
Uraくんとは25歳のころから知り合いで、
4年間信頼できる友達としてずっと仲良くしてました。
Yちゃんがいた私の誕生日会にもきてくれました。
Yちゃんの存在を知って、
「幸せそうでよかった。」
そう言ってくれました。そのとき。

でも。

そんなUraくんに昨日告白をされました。

「こんなときに悩ませることを言ってごめん。
(私が)落ち着いたら、またちゃんと言う。」

そう言われました。

「揺れてるの?」
Momoに話したらそう言われた。

分からない。
だってほんまにずっと友達で、
二人でよく一緒にいたけど、
まったくそんな素振りもなかったし。
私の東京での大切な友達だった。

ぱっと出会って告白されるのとは訳が違う。

豆鉄砲を撃たれました。
こんなこと初めてです。





2009.07.07.Tue 忘れられぬ人

先週までYちゃんの友達のテリーがアメリカから来てました。
三人で生活していました。

Yちゃんは仕事があるので、テリーと二人で色んな話をしました。
その中で、元カレ・元カノに会うかどうか、っていう話になりました。
テリーは元カノと普通に友達として会うらしい。

私は絶対無理やなぁ。
その理由は2パターンあって、
1つは、全く会う理由も興味もないから。
もう1つは、会うとまた好きになってしまうから。

ほとんどは前者なんやけど、
あいかわらずSHUの場合は後者にあたるため会えない。
会ってはいけないんやと思う。

こないだSHUママのお店の前をとおった。
銀座にも大分料理やさんとしてベルビルに入っている。
やっぱりやりてなママだ。
またSHUのことを思い出した。。

でも、私はSHUに近づけば近づくほど、
なぜかSHUを傷つけてしまう。
空回りどころか、パーツが間違っているのかもしれない。

名前を見るだけで、
胸が切なくなる。
そんな人って、
そんなにいる?

今、私がおそれていること。
SHUからの連絡。

運命の人に出会った

と聞かされること。

自分のことは棚にあげているのにね。
本当に自分勝手で子供なワタシです。



| 22:39 | comments(0) | myX-SHU |

2009.06.03.Wed 最後の恋愛の始め方

いやぁ〜、まぁこのブログを始めてはや数年。
色んな恋をいたしました。
自分でもびっくりするくらい、
登場人物がいっぱいです。

説得力に欠けますが、
とうとう、
最後の「恋愛」が始まりました。

恋&愛。
コイとアイ。
同時進行中です。
あ、もちろん相手は一人。

先ず、恋とは。
「毎日感じる幸せ」
です。
カレが家に帰ってくるときに見せる安堵の顔トカ、
カレが笑わせようとギャグ連発の時間トカ、
カレと一緒にごろごろDVD観てるときトカ、
いわば、「点」。

そして、愛とは。
「未来の二人を考える幸せ」
と考えます。
愛=家族ではありません。
半年後はこれをしよう、一年後にはこうしよう、
それをいつも考えること。
今から半年後、1ヶ月後から半年後、2ヵ月後から半年後、
常に未来があること、
いわば、「線」。

そんなことが実現できそうな相手を見つけたとき、
人は最後の恋愛を始めるんじゃないかなぁ。

こんにちのワタシは、
幸せというより幸運だと感じています。
もちろん"happy"ではあるけれど、
それよりも"lucky"だとつくづく感じています。



2009.04.20.Mon 恋をしている場合か

 今、何年ぶりかの恋をしています。
いや、正確にはしていました。

恋って切ないね。
恋してるから切ないんかな。
切ないから恋してるんかな。

ま、いずれにしても、
心が久しぶりに動いています。

相手のことを考えて物事を言ったり、
相手がどうやったら喜ぶとか、
相手がどうやったら元気になれるかとか、
毎日そんなことばかり考えています。

でもそう考えれば考えるほど、
カラカラカラって音を立てて、
空回りしているアホな自分がいます。

今まで培ってきたデビルビームなんて、
なーんの役にも立ちません。
落とそうとか、ちょっと振り回そうとか、
そんな気持ちが微塵も起きる暇がないほど、
けっこういっぱいいっぱいです。

長期戦だとは分かってはいるけれど、
この今日一日が、
切なくて投げ出したくなる自分がいます。

相手がこれまで会ったことないほど、
私のタイプです。
性格も声も顔も体も、
男らしく真剣で、
温かい心を持っているところも、
ぜーんぶ好きです。

この間、京都のお土産でピンクの扇子を買ってきてくれました。
あの図体で扇子を選んでいる姿を想像するだけでキュンとします。
好きな子に絆創膏を貼ってもらってずっとつけてる
少年の気持ちがよく分かります。
相手はたいしたつもりじゃないのにね。

そろそろ29歳です。
切ない片思いをしている場合じゃありません。



2008.11.05.Wed 泣けるメール

実は今、仕事を休職しています。
会社の人からたまにメールで近況は教えてもらっていたけれど、
体が拒絶反応を起こしてなかなか返信できてなかったんだけど、
昨日初めて一人の人に返信をしてみた。

彼は私が会社の中でもっとも信頼している子。
同じ年で、世の中にこんなに性格のいい子がいるんだと、
私に教えてくれた貴重な子。

彼からの返信メール。
何度も何度も読んで、
実家のソファで一人泣いてしまった。

「何から言おうかな。
まずはメールくれてありがとう。
本当に心配してたんだよ!
実はいろいろあって話し相手になってほしいことがいっぱいあったんだぁ。
なんか姫の波長がわかる気がしてたから、
本当はなんにもわかってないかもしれないけど、
なんか通じるものを感じてて、
姫が本当は強くないことくらいは知ってたつもりだよ。
本当に真面目で気にしいなのも、
よわっちいのも、
泣き虫けむしなのも。
オレも最近は良いことも悪いことも沢山あって、
姫に何回も会いたいなぁって思ってたんだ。
心配しないで、
姫とは切ろうと思っても縁は切れないよ!!
人ってほんと人柄だね!
飾らない姫の人柄は本当に好きだから、これからもね。
やっぱりメールじゃ書ききれないから会おうね。
姫の帰れるところは沢山あるよ。
場所じゃなくて、
仕事や会社じゃなくて、
心から穏やかになれるようにオレはなんでも力になるよ。
なんにもなかったように、
とぼけた顔して帰っておいでよ。
おもいっきりつっこんであげるから。
いつでも俺は空いてるよ。」

胸があったかくなって、
目頭が熱くなって、
ホントにしみるメール。
ああ、この会社に入ってこの子に出会えてだけで、
私は報われた気分になった。

東京での生活では、
心から大切に思える人が何人かいる。
密に連絡をとらなくても、
携帯メールの絵文字に頼らなくても、
気持ちが通じる人たちがいる。
それだけで私は幸せになり、
神戸に帰るかどうかさえ躊躇してしまう。

それが家族や恋人ではなく、
友人だっていうところに、
とてつもない幸せを感じてしまう。


| 14:03 | comments(0) | 東京生活 |

2007.12.28.Fri 終わりよければ

全てよし。

今、幸せかもしれない。

友達、
愛情、
仕事。

全てに恵まれていました。

今年は色々お世話になりました。
来年もどうぞよろしく☆


| 00:11 | comments(0) | 東京生活 |

2007.12.19.Wed クリスマスプレゼント

神様から、
クリスマスプレゼントをもらいました。
それは、

「試練」

これを乗り越えたら、
一生涯のハッピーをあげる。
と補足説明がありました。
コピーロボットをお願いしてみたけど、
それは無理とことわられた。

決断するのは、
私しかいない。
どのみち、
待っているのは、
大きな愛と幸せなんだけど。

でも今は、
重みでつぶれそうだ。



2007.12.12.Wed おすししゅき

週末、
神泉のとあるお寿司やさんへ青年といった。
家の敷地をはいっていくような分かりにくいお店。
暖簾をくぐると緊張した雰囲気で。

まだ青年を連れてくるのははやかったかぁ。。

と連れてきて(払って)もらうくせに思った。
でもこういうときに感じるね。
いいオトコ具合を。
緊張感のあるレストランにいったとき、
ちゃんと格好つけれるかどうか。

青年は、
完璧だった。

おかげで私は美味しいお寿司に夢中になることができた。
でもほんとに美味しかった。
ネタは東京イチだと噂のお店。

月に一度来ようと言った青年を、
バチがあたるから四半期に一回にしようと咎めた私。
えらいと思う。

はぁぁ、シアワセ。。


| 17:05 | comments(0) | myX-青年 |


1/20 >>