マンジャ〜レ カンタ〜レ アモ〜レ
呑めよ歌えよ恋せよ♪
2011.11.10.Thu スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



| | - | - |

2009.09.14.Mon オトモダチとのデート

 こないだ、お友達とデートしました。

私はカレのことオトモダチだと思っています。
悪い人ではないんだけど、
むしろイケメンでエリートで高飛車じゃないし、
とっても優しくて素敵なカレなんだけど、
なんだか「そういう」対象になりません。

友達みたいな恋愛。
そういう恋愛をしたことのない私にとって、
カレはやっぱり「オトモダチ」。
それ以上でもそれ以下でもない。

話をしているとさすがに超あたまいいんで、
話をしてて楽しいし、
内面は男気がある素敵なヒト。

だからこそ
カレはお付き合いする気はないんやけど、
でもオトモダチではいたい。

こういうときってどうすればいいんやろう?

「お友達でいましょう。」

なんて言えないしなぁ。

う〜ん。

「私、実は男に興味なんねん」

とか言ってみようかな。
そしたらオトモダチになれるかな。



2009.08.29.Sat いいことありました

 今週、いいことがありました。

Yちゃんとお別れをしました。

ここ1ヶ月は、お互いつらいおもいをたくさんしました。
私はYちゃんに冷たくされていると悩み、
Yちゃんは仕事が大変で私のことどうしようかと悩み、
お互いおもいっきしすれ違っていました。
でもお互いおとなしく耐えたり、人に譲ったりする性格ではないので、
何をするかというと、
相手の否定しあいっこです。

私は、私が病気になったときにYちゃんが優しくしてくれないことを責めました。
「本当に冷たい人なんだね」
そんな言葉を発した私自身が冷たい人間です。
そんな言葉を曲りなりとも一度好きになった人にいった自分が嫌になりました。

その反省とともに、
もうお互い別の道をいこうと決意しました。
これ以上一緒にいるとお互い嫌な人間になってしまう。
相手のことも大嫌いになってしまう。

「オレも○○(私)も強いから合わないんだよ」
一度Yちゃんにそういわれました。
私は強いんじゃない。
弱いからこそ強くみせようとするんだよ。
ちっさい犬ほどキャンキャンほえるのと一緒。
小さいなりに可愛くしておけば、愛されるのにね。

でも今、ウソのようにすっきりしています。
続けることを考えると悩みまくってたのに、
別れると決めた瞬間本当に心が明るくなりました。
これはお互いにとって、とってもいいことなんだと思う。
それ自体はさみしいことかもしれないけれど、

「これでいいのだー」

もやもやしてたときに色んな話を聞いてくれたのは、
やっぱりマイバティたちでした。
男の溝は男でしか埋まらないけど、
彼女たちはその溝に水を流して私を運んでくれます。

私はその水がなくなると生きていけません。
友達に感謝していマス。



2009.08.22.Sat 豆鉄砲をくらったハト

 最近、Yちゃんとのことで毎日悩んでいます。
Yちゃんの仕事が忙しくなり、
ほとんど連絡もなく、こんなに変わってしまうものなんかな。
私が悪かったんかなー。
私ほんとうに必要ないんだなー。
前は本当に楽しかったのになー。
って考えると毎日涙がでてきます。

でも、もう悩むのやめようと思って。
なにも考えないようにしようと思って。

そんな中、
友達のUraくんとごはんに行きました。
Uraくんとは25歳のころから知り合いで、
4年間信頼できる友達としてずっと仲良くしてました。
Yちゃんがいた私の誕生日会にもきてくれました。
Yちゃんの存在を知って、
「幸せそうでよかった。」
そう言ってくれました。そのとき。

でも。

そんなUraくんに昨日告白をされました。

「こんなときに悩ませることを言ってごめん。
(私が)落ち着いたら、またちゃんと言う。」

そう言われました。

「揺れてるの?」
Momoに話したらそう言われた。

分からない。
だってほんまにずっと友達で、
二人でよく一緒にいたけど、
まったくそんな素振りもなかったし。
私の東京での大切な友達だった。

ぱっと出会って告白されるのとは訳が違う。

豆鉄砲を撃たれました。
こんなこと初めてです。





2009.06.03.Wed 最後の恋愛の始め方

いやぁ〜、まぁこのブログを始めてはや数年。
色んな恋をいたしました。
自分でもびっくりするくらい、
登場人物がいっぱいです。

説得力に欠けますが、
とうとう、
最後の「恋愛」が始まりました。

恋&愛。
コイとアイ。
同時進行中です。
あ、もちろん相手は一人。

先ず、恋とは。
「毎日感じる幸せ」
です。
カレが家に帰ってくるときに見せる安堵の顔トカ、
カレが笑わせようとギャグ連発の時間トカ、
カレと一緒にごろごろDVD観てるときトカ、
いわば、「点」。

そして、愛とは。
「未来の二人を考える幸せ」
と考えます。
愛=家族ではありません。
半年後はこれをしよう、一年後にはこうしよう、
それをいつも考えること。
今から半年後、1ヶ月後から半年後、2ヵ月後から半年後、
常に未来があること、
いわば、「線」。

そんなことが実現できそうな相手を見つけたとき、
人は最後の恋愛を始めるんじゃないかなぁ。

こんにちのワタシは、
幸せというより幸運だと感じています。
もちろん"happy"ではあるけれど、
それよりも"lucky"だとつくづく感じています。



2009.04.20.Mon 恋をしている場合か

 今、何年ぶりかの恋をしています。
いや、正確にはしていました。

恋って切ないね。
恋してるから切ないんかな。
切ないから恋してるんかな。

ま、いずれにしても、
心が久しぶりに動いています。

相手のことを考えて物事を言ったり、
相手がどうやったら喜ぶとか、
相手がどうやったら元気になれるかとか、
毎日そんなことばかり考えています。

でもそう考えれば考えるほど、
カラカラカラって音を立てて、
空回りしているアホな自分がいます。

今まで培ってきたデビルビームなんて、
なーんの役にも立ちません。
落とそうとか、ちょっと振り回そうとか、
そんな気持ちが微塵も起きる暇がないほど、
けっこういっぱいいっぱいです。

長期戦だとは分かってはいるけれど、
この今日一日が、
切なくて投げ出したくなる自分がいます。

相手がこれまで会ったことないほど、
私のタイプです。
性格も声も顔も体も、
男らしく真剣で、
温かい心を持っているところも、
ぜーんぶ好きです。

この間、京都のお土産でピンクの扇子を買ってきてくれました。
あの図体で扇子を選んでいる姿を想像するだけでキュンとします。
好きな子に絆創膏を貼ってもらってずっとつけてる
少年の気持ちがよく分かります。
相手はたいしたつもりじゃないのにね。

そろそろ29歳です。
切ない片思いをしている場合じゃありません。



2007.12.19.Wed クリスマスプレゼント

神様から、
クリスマスプレゼントをもらいました。
それは、

「試練」

これを乗り越えたら、
一生涯のハッピーをあげる。
と補足説明がありました。
コピーロボットをお願いしてみたけど、
それは無理とことわられた。

決断するのは、
私しかいない。
どのみち、
待っているのは、
大きな愛と幸せなんだけど。

でも今は、
重みでつぶれそうだ。



2007.12.03.Mon 恋する乙女たち

水曜日。
残業つづきだったごほうびに、
マミポとウピナイト。
ウキウキとして恵比寿ストアの半閉まりシャッターをくぐった。

久々に恋バナ白熱し、
恒例のボトルワイン(名前いまだ覚えれず)をあけて、
楽しかった♪

私の王子様はこの世のものとは思えないの〜。

と哀しそうに言ったマミポ。
愛しいって「かなしい」とも読むの知ってる?
要は目にハートマークがはいってました。

実はその王子様は私もしっていた。

そんなにひどくありませんが。

失礼な恋する娘である。

世の中、顔じゃない、
ってお互い確信して、
定例ウピナイトの皆勤を約束して、
泡泡でしめた。

アワアワ恋に溺れそうです。



2007.10.06.Sat 収穫の秋

水曜、
マミポと二人の大将と念願の
新橋ガード下呑み
はしごまでしてしまいました。
だって、楽しかったんですもん。

木曜は、
遅い時間から新規開拓。
期待をしていたのだけど、
期待通りでした。

納車がもうすぐ、という徳井似のイケメンに、
何を買ったかきくと、

「知ってるかなー?ハマーっていう・・・」

しっとるわ。
いいねーいいねー。
おっきい車を選ぶオトコは好きだ。
燃費だの駐車場に入らないだの使い勝手がいいだの理由で、
セダンとか選ぶオトコより魅力的だ。
ボックスワゴンも微妙だけど。

「好きな車は?」

増田似の青年がきいてきた。

「ナビゲーター」

と答えると、
なんと!

「オレ!の車!ナビゲーター!」

おおおお。
すごい偶然。
いいねーいいねー。
ナビゲーターって超でかくてかっこいい。
この青年、センスいいやん。
色が白っていうのがちょっと惜しいけど。

しかも、この青年たち、
とっても性格がいい。
余裕があるのか。
いい男性たちに出会えました。

華金はデンコン。
楽しく飲めればいいや、と思っていったら、
楽しく飲めた。
みんな普段のストレスを発散させるかのようだったけど。
サラリーマンって大変なんだな〜。
愛の東京コール」を歌ってあげた。
ジッタリンジンの「プレゼント」ゲームをして、
まんまとはまってた子がおもしろかった。

ああああ、
持病はまだまだ治りそうにありません。




2007.10.06.Sat こんなことって

あるんだねぇ。

今、会いたくて会いたくてたまらない人がいます。
来週会うのですが、
毎日がカウントダウンです。

彼とは知り合って二年以上たって、
それと同じ期間友達なんやけど、
今、かれに対して違う感情が芽生えています。

でもなんで?

ほんとにキッカケはなにもない。
あるとしたら、
彼のことをよく考えてみた。
ただそれだけ。
よくよく考えると、
とてつもなくいいオトコなのだ。

考えれば考える程いいオトコなのだ。
こんなに人と会うのがまちどおしいなんて。

彼とはどうこうなる気はしないけど、
彼がいいオトコだと気付いて、
ほんとよかったとおもう。

仕事でどうよんでも訳せない英文が届いた。
残業の山に埋もれながらも、
丁寧に訳してくれた彼。
ホントなんてスィートな人なんだろう。
そしてなにより尊敬できる。

あぁあと6日もあるよ。。。

I´m very lookin foward to meet u too!



2007.09.30.Sun オス探しの旅

土曜午後、
情けない殿方のおかげでウェイクに行けなくなり、
そのおかげでネイルサロン&レイチェルとガールズトーク。

最近、男の面をかぶったメスが多すぎる。
ほんと、男らしい男が減少しているのである。
地球温暖化うんぬん言ってる場合ではない。
それよりメスと化した男をどうにかしてくれ。

メス化した男は優しい。
でも面倒くさい存在なのである。
女々しいし、決めないし、引っ張らない。

私が「付き合った」とカウントした男は、
みなきちんとオスだ。
カウントされなく、世間一般もしくは相手が付き合ってたと
思っていたのはみなメス化した男。
ほんと女々しいのが多いよね。
おかげでこっちは、バランス保つためにオス化するはめに。

オスでいるほうが楽なのに、
なぜメス化する男が増えたのだろう。
オス化の女が増えたとはあまり感じないし。
(私の周りには多いけど)

ということで、オスを探しに来週旅にでます。

あ、そうそう、
昨日私の最愛のSHUと会いました。
ryoもオスだけど、SHUもオスだな〜。
っていうか、昔よりオスになってた。

やっぱりイイオトコだ。




1/4 >>